顔のシミを消すに効く成分とその効果、副作用

顔のシミを消す 薬 画像

多くの女性の悩みの種となるシミを改善するためには、
シミに効果的なサプリメントや薬が大変有効です。

 

ここでは、それらのサプリメントや薬に配合されている成分や
その効果をご紹介していきましょう。

 

 

シミへの有効成分と効果

 

メラニン生成を抑制する成分

 

ビタミンC、アスコルビン酸

顔のシミを消す 薬 画像

 

美容と健康に不可欠なアンチエイジング成分で、
活性酸素を抑制する抗酸化ビタミンとして有名です。

 

メラニン生成を抑える以外にも、風邪の予防や疲労回復
歯茎の止血、コラーゲンの生成などの働きもあります。

 

 

L-システイン

顔のシミを消す 薬 画像

 

髪や皮膚、爪などに含まれているアミノ酸の一種で、
身体の代謝を補助する働きを持っています。

 

過剰なメラニンの発生を抑えることでシミを予防し、
既に発生してしまったメラニンを無色化する効果があります。

 

それに加えて、コラーゲン生成の補助をする働きもあるので
みずみずしくハリのある肌を保ちくすみやシワなど
肌トラブルにも有効です。

 

 

トラネキサム酸、トランサミン

顔のシミを消す 薬 画像

 

抗炎症、抗出血、抗アレルギーの作用があり、
シミの治療薬として皮膚科などで処方される事が多い成分です。

 

シミの治療の他にも、湿疹や口内炎に効果があると言われています。

 

 

インドキノキ

顔のシミを消す 薬 画像

 

古くからインドで愛用されてきた植物エキスで、
インドキノキは強い陽射しを浴びながら大きく育ち、
そこから採れる成分は高い美白効果と老化防止に効果があります。

 

 

メラニンを排出する成分

 

アスタキサンチン

顔のシミを消す 薬 画像

 

赤い色素をもつカロテノイドの一種で、高い抗酸化作用があり、
近年大変注目されている老化防止成分です。

 

その抗酸化作用は、他の成分よりもはるかに高く、研究では
既に出来てしまったシミにも効果があるという結果が出ています。

 

活性酸素を取り除く働きがとても強く、
メラニンを排出してシミの発生を防ぎます。

 

 

ビタミンE

顔のシミを消す 薬 画像

 

強い抗酸化作用を持ち肌の新陳代謝を促すため、
アンチエイジングに有効な成分です。

 

その抗酸化作用によって活性酸素を取り除き、
メラニンを排出し色素沈着を防ぐ効果があるので、
美白化粧品に多く使用されています。

 

 

新陳代謝やターンオーバーを促進する成分

 

セラミド

顔のシミを消す 薬 画像

 

保水効果の高い成分で、肌の細胞に水分をたっぷりキープする
働きがあります。

 

肌細胞にしっかり水分が保たれると新陳代謝が高まり
ターンオーバーが正常に働くので、シミの原因である
メラニンをしっかりと排出する事が出来るようになります。

 

 

プラセンタ

顔のシミを消す 薬 画像

 

血の巡りを促進させる働きがある成分です。
真皮の新陳代謝を高めるため、メラニンを含んだ古い細胞を
押し上げていくので、肌の深い場所に沈着している
深いシミにも効果があります

 

また、メラニンの生成そのものを抑える働きもあります。

 

 

シミ取り薬の副作用の可能性について

 

重篤な副作用のリスクは?

シミ取り薬を飲んだ方の中で、重篤な副作用や危険性は
現時点では一度も報告されていません。
ただし、医薬日やサプリメントは説明書をよく読み、
用法や用量を守って使用して下さい。

 

アスコルビン酸は大丈夫?

アスコルビン酸等のビタミンCを大量に含むサプリメントや
医薬品は、便や尿に黄色の色味が出る場合がありますが、
異常では無いので安心して飲み続けても大丈夫です。

 

容量用法は守る事

大量に飲んだからと言って効果が早く出るものでは無く、
一度にたくさん飲んだり、飲み方を間違える事で
嘔吐や腹痛などの予期せぬ副作用を起こす可能性があるので
用法・用量は順守するようにして下さい。

 

妊娠中や授乳中について

シミ取りのサプリメントや医薬品では、ホルモンバランスの変化で
シミが出来やすくなる妊娠中や授乳中でも飲める商品があります。
もし心配な方は、事前にかかりつけ医に相談すると良いでしょう。