顔のシミの原因が化粧品にある!?化粧品とシミの関係とは

シミの原因・理由について

 

顔のシミの原因といわれて真っ先に思い浮かぶのが、肌年齢の低下や紫外線、ストレスなどです。

 

しかし、わたしたちが毎日使っている化粧品にも顔のシミの原因があるそうなんです。

 

せっかく綺麗になるために化粧品を使って努力しているのに、
それが顔のシミなどの肌トラブルの原因といわれると、本当に驚いてしまいます。

 

しかし、全部の化粧品にシミの原因が潜んでいるわけではありません。

 

では、顔のシミの原因となる化粧品とは一体どんなものなのでしょうか。

 

また、顔のシミ対策として効果を発揮してくれる化粧品にはどんなものがあるのでしょうか。

 

わたしの化粧品は大丈夫なんだろうか…と不安な方は参考にしてくださいね。

 

 

オススメの化粧品

 

シミの原因・理由について

 

化粧品で顔のシミをつくったり、増やしたりしないためにはどうしたらいいのか。

 

それは、自分の肌質を知り、肌に合った化粧品を使うことです。

 

成分として注目したいのが、やはり美白成分です。

 

メラニン色素の動きを抑制するために、美白成分を配合化粧品を使用しましょう。

 

また、肌につけた際に刺激が少ないもの、摩擦を起こしにくいものを選ぶのもポイントです。

 

これは、毎日使う化粧品から少しずつでも刺激を受けてしまうことで、顔のシミの原因になると考えられているからです。

 

化粧品で顔のシミ対策を考える時は、まず成分やテクスチャにも注目してみましょう。

 

 

 

顔のシミの原因となる化粧品

 

シミの原因・理由について

 

紫外線吸収材

 

紫外線吸収剤という成分をご存知でしょうか。

 

紫外線吸収剤は一度、紫外線を吸収した後、放出する働きがあり、
肌への紫外線の影響を軽減する働きがあります。

 

日焼け止めクリームなどに使用されていることが多い成分ですが、
最近は、この紫外線吸収剤の肌への影響が問題視されています。

 

なぜかというと、一度肌が紫外線を吸収するということは、それが顔のシミの原因になっているのでは?と思われているからです。

 

しかし、紫外線吸収剤の作用は、紫外線をしっかりと吸収することですから、
紫外線吸収剤が顔のシミの原因となるということは心配ありません。

 

 

古い化粧品を使っている

 

化粧品をシーズン毎に使い分けていたり、友達から化粧品を譲ってもらった、中古で化粧品が安かったなど、
古い化粧品をそのまま使用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

古い化粧品を使う際に注意したいのが油分です。

 

化粧品には少なからず油分が含まれていることがあります。

 

しかし、油分は古くなればなるほど、酸化してしまいます。

 

肌に酸化した化粧品をつけることで刺激を与えてしまうことになりますし。
古い化粧品の中では雑菌が繁殖している可能性が高くなりますので、肌に負担をかけてしまいます。

 

このように、古い化粧品を使うことで肌に刺激を与え、顔のシミの原因となってしまいます。

 

 

顔のシミを消す薬 ランキング

関連ページ

顔のシミには理由がある?その原因と対策を探る
顔のシミには理由がある?その原因と対策について。顔のシミには理由があるのかについて書いています。
背中にシミがあらわれる理由とは?予防法はあるのか
背中にシミがあらわれる理由とは?予防法はあるのか?背中にシミがあらわれる理由と予防法の有無について書いています。
唇にシミがあらわれる理由は何?
唇にシミがあらわれる理由は何なのでしょうか?唇にシミがあらわれる理由について書いています。
顔のしみの原因〜男性編〜男性特有のしみの原因とは
顔のしみの原因、男性編。男性特有のしみの原因についてのコラムです。
顔のシミの原因として考えられる食べ物
顔のシミの原因として考えられる食べ物とは?顔のシミの原因として考えられる食べ物をご紹介しています。
顔のしみの原因とニキビの関係とは?
顔のしみの原因とニキビの関係とは?顔のしみの原因とニキビの関係について書いています。
顔のシミの原因はやはり紫外線?紫外線とシミの関係
顔のシミの原因はやはり紫外線?顔のシミの原因は紫外線なのかについての記事です。
顔のシミの原因とメラニンの関係とは?
顔のシミの原因とメラニンの関係とは?顔のシミの原因とメラニンの関係についての記事です。
顔のシミの原因は肌への摩擦にあった!?
顔のシミの原因は肌への摩擦にあった!?顔のシミの原因は肌への摩擦にあるのかについての記事です。